某バンドに参加するSHUNの曲たち。


by alchemist_poem

マイリトルカプチーノ

午後の陽射しのおしゃれなカフェに二人は向かい合って
ビルに浮かんだ雲の形が優しく変わっていく

長めの髪がふわっと揺れて僕に香りを運ぶ
片目をつぶる仕草が映える苦めのカプチーノ

君の手に触れている時 穏やかな旋律のように
心の中に浮かんでいくよ 消せない君との日々
僕を知り尽くしたような 瞳は多くを語らない
「見つめ合ったら わかるはずでしょう?」 
君の口癖だけ浮かんだ

大好きだとか愛してるとか言いづらい言葉ほど
この状況に似合っているね 口にはしないけれど

沈む夕日が手を振って月がそっと覗いたなら
キレイな君を照らし出してく 白い息も溶けて
そういって見とれないように 視線を空へ放った
君にはきっとお見通しでしょう?また僕を笑って見つめてる

君の手に触れている時 穏やかな旋律のように
心の中に浮かんでいくよ 消せない君との日々
僕を知り尽くしたような 瞳は多くを語らない
「見つめ合ったら わかるはずでしょう?」 
君の口癖だけ…

こんな素敵すぎる夜はもう少し君といたいんだ
君はやっぱりキレイだからね また視線を逃がす
「私には全部わかるの。あなたのことならば全部。」
それならきっと わかるはずだね 
胸にしまいこんだ言葉


Lyric SHUN
Music SHUN
[PR]
by alchemist_poem | 2008-03-14 23:08