某バンドに参加するSHUNの曲たち。


by alchemist_poem

too late

こんなに、こんなに広いこの街のバーで
たった一人しかいない君を見つけた。
なのに君は僕の知らない誰かを連れて
気が狂いそうな想いを抑えきれずに。

もう少しだけ早く出逢えたなら
僕は君を抱く「知らない誰かに」なれたのかい?

もう遅いんだよ。遅すぎたんだよ。
手遅れになってしまった二人の出会いを
どれほど憎んで、恨んでいるか君は知ってるの?
ほんの少しなのにね。時間は狂うことを知った。

君の幸せを祈っているよ。嘘じゃない。
だけど僕にはもっと強い自信がある。
近くに座る君はまるで世界の果てのように
遠すぎて触れることすらままならなくて

話したいよ。触れたいよ。君といたいよ。
でもこんな涙まみれの顔じゃ、目も合わせられなくて

雨も風も雪もこの悲しみを塞いで。
いつか君の場所から見えなくなるまで
僕をかくまって。何なら消し去ってくれてもいい。
君のいない人生よりは楽になれるだろうから。

待っていてもいいかな。君は遠いけど。


lyric SHUN
music SHUN
[PR]
by alchemist_poem | 2006-11-20 19:29